スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

フローグラフメモ

Math

Abs: 絶対値
Add: 加算
AnglesToDir: 角度を方角に変換(ちと厄介)
ArcCosinus: -
ArcSinus: -
ArcTangens: -
Calculate: 加算、減産、乗算、除算を選択可能
Ceil: 入力値以上の最も近い整数を出力
Clamp: 入力値がMin~Max内であるときのみ、その値を出力
Cosinus: コサイン
CosinusInverse: アークコサイン
Counter: 入力回数のカウント。Resetで0に戻る。Maxの値は"出力が0に戻るときの入力回数"、つまりMax=5のときに延々と入力があった場合の出力値は1,2,3,4,0,1,2,3,4,0,1,2…となる
DirToAngles: 方角を角度に変換(ちと厄介)
Div: 除算
Equal: 同値かどうかの判定
Floor: Ceilの逆。入力値未満の最も近い整数を出力
FromBoolean: ***
InRange: 入力値がMin~Max内になら1、そうでないなら0
Less: 大小の比較。AがBより小さいか(BがAより大きいか)の判定
Mod: 剰余。出力値はAをBで割った余り。少数に対応
Mul: 乗算
Noise1D: ***
Noise3D: ***
PortCounter: Counterの拡張的なノード。入力されたポート数のカウントと、それに伴う出力
Power: 累乗。baseのpower乗を出力
Random: Min~Max内のランダム値。OnRoundedはその値を四捨五入したものを出力
Reciprocal: 逆数
Reminder: Modと似ているが、こちらが扱えるのは整数のみで少数の入力値は四捨五入される
Round: 四捨五入。出力は小数点以下がカットされる
SetColor: 任意に入力値を出力する(複数)
SetNumber: 任意に入力値を出力する(単数)
SinCos: ***
Sinus: サイン
SinusInverse: アークサイン
Sqrt: 平方根。ルート
Sub: 減算
Tangent: タンジェント
TangentInverse: アークタンジェント
ToBoolean: trueに入力があれば1を出力、falseに入力があれば0を出力
UpDownCounter: 指定値から任意にカウントの増減が出来るカウンター。Wrapを有効にしておくと上限値に達してから下限値に戻る


Logic

And: a,bともに1の場合のみoutが1になり、それ以外は0になる。1のときtrueから1を出力。0のときfalseから1を出力
All: 任意のポート全てに入力があったとき1を出力。Resetで初期化
Any: いずれかのポートに入力があったとき、入力値を出力(文字列可)
Block: blockが0で入力があったとき出力。blockが1で入力があったときは出力しない。文字列可
Condition; Conditionが0のときOnFalseから入力値を出力。Conditionが1のときOnTrueから入力値を出力。文字列可
DeMultiplexer: ModeがAlwaysのときIndexを指定すると現在のInputの値を指定したポートから出力。または指定したポート(Index)からInputへの入力値を出力。Modeが…良く分からなくなった
Gate: Closedが0で入力があったとき出力。Closedが1のときは出力しない。Openで開き、Closeで閉じる。文字列無効化
Indexer: 入力があったポート番号を出力する
Multiplexer: PortOnlyのときはIndexで指定されたポートへの入力値を出力(Indexの変更を受け付けない)。IndexOnlyのときはIndexに入力したポートが持っている値を出力(Portの変更を受け付けない)。Alwaysはそのどちらも自由。文字列可
Not: 入力値が1なら0を出力。0なら1を出力
or: a,bともに0の場合のみoutが0になり、それ以外は1になる。1のときtrueから1を出力。0のときfalseから1を出力
Onchange: 入力値に変化があったときのみ1を出力
Once: いずれかのポートに対しての入力を1度だけ出力する。Resetで初期化。文字列可
RandomSelect: outmin,outmaxの範囲内でランダムな数だけoutから1を出力する。仮にminを2,maxを5のするとoutの6つのうち2~5つから1を出力する
RancomTrigger: 入力値がランダムで選ばれたポートから出力される。Resetで初期化。Doneは全てのポートが使われた場合。文字列可
Xor: a,bが00,11の場合は0。01,10の場合は1を出力。1のときtrueから1を出力。0のときfalseから1を出力

スポンサーサイト

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

2011.10.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | Tips 2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ヴァレリー(ゴリ…

Author:ヴァレリー(ゴリ…

Crysisまにあブログへようこそ。Crysis/Crytek/CryEngineに関するニュースをお届けします。マップやModはCrysisまにあでまとめています。

ご意見、ご連絡はコメントか
こちら でお願いします。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。